減税制度を使う

快適リフォームをお望みなら

3分で登録完了! 数社から一括見積できるので比較・検討しやすい!
しかも登録から見積もりまで無料!

>>>今すぐ一括無料登録はこちらから

見積の体験談聴きたくないですか?


実際の見積書を使ってチェックポイント解説はコチラ


減税制度を使って賢くリフォームしよう

リフォーム減税

減税には様々なメニューがあります。
資金調達方法や所得に応じて最適な組み合わせを決定することが大切になります。
減税を受けるのは一定の条件を満たす必要がありますのでここではどんな種類の減税があるのかざっくりとご紹介します。

 

住宅ローン減税

リフォーム減税

住宅を新築した時にサラリーマンが年末調整で申告すれば払いすぎた税金が還ってくるものです。
個人事業主の方は、納める税金が少なくなります。
新築や中古住宅の購入の場合だけでなくリフォームにあてた費用でも利用できます。
10年間、毎年ローン残高の1%にあたる税金が還ってきます。
10年間で最大400万円の所得控除が受けられる仕組みです。

 

ここで簡単に条件をご紹介しておきます。

  • 返済期間10年以上
  • 自分が所有し居住する家のリフォーム
  • 工事費が100万円以上
  • 一定の省エネ、バリアフリー、耐震リフォームや大規模な間取り変更などの改修工事
  • 居住用リフォームの1/2以上

 

ローン型減税

バリアフリー、省エネリフォームを借入金で行った場合に控除される制度です。
所定のバリアフリーリフォーム工事費用又は省エネリフォーム工事費用とそれに伴い行われる工事費用の合計金額が対象となります。
控除対象限度額は1,000万円となり、控除率は2%部分と1%部分に分かれており、5年間に渡り所得税から控除されます。

 

投資型減税

バリアフリー、省エネリフォームを借入をせずに自己資金で行った場合に控除される制度です。
控除対象限度額は200万円となり控除率は10%、リフォーム後に住み始めた年度のみ所得税から控除されます。

 

固定資産税の減額

所定の要件を満たしたバリアフリーリフォームを行った場合、該当する部分の固定資産税が減税される制度です。減額幅は固定資産税額の1/3となります。

 

 

減税制度については、年々新しい制度が加わったりと、多岐にわたります。
詳しくは税務署で確認する事が大切です。

 

納得のいくリフォームをしたいなら数社から見積りを取ることです

タウンライフリフォーム  
タウンライフリフォーム
3分で一括無料登録!
面倒な複数回入力不要!
全国300社の国家基準をクリアしたリフォーム会社が登録!
アイデア、アドバイス、見積りが無料!
 

>>>タウンライフリフォームの詳細はコチラから

 



あわせて読みたい記事

マンションのリフォームを成功させるには制約を知ることにあった

マンションリフォーム制約

マンションリフォームを行うには制約があることに注意しなければなりません。いま、中古マンションを購入してリフォームをする方が多くなっていますが、マンションリフォームについては戸建より制約が多くあり…

続きを読む

悪徳リフォーム業者に騙されないためには

悪徳リフォーム業者

悪徳リフォーム業者に騙されないためには、その手口を知ることです。
訪問販売で契約させようとするリフォーム業者には注意!

しかし、全ての訪問販売を行っているリフォーム業者が悪徳という訳で…

続きを読む

知って得する結露対策

結露対策

毎朝窓に付いた水滴を拭き取るのは憂鬱でしかありません 放っておくとカビやダニが発生し、家族の健康を脅かすことに。 結露を防ぐにはなぜ結露が起こるのかを知ることです。

続きを読む

洗面所リフォーム 素朴な疑問にお答えします

洗面所リフォーム疑問、質問

マンションでのリフォーム注意点や工事日数など素朴な疑問にお答えします。 工事にかかる日にちは? 浴室も一緒にリフォームしたほうが…

続きを読む

思い切って檜風呂にリフォームしたい

檜風呂リフォーム

自宅の浴室を檜(ヒノキ)風呂にリフォームしたい人は結構いるのではないでしょうか。 最近では檜風呂のユニットバスや、ジェットバスが付いた…

続きを読む

DIYリフォーム|障子の貼り替え

障子貼り替え

リフォームお助けDIY! 障子の貼り替えをレポートします。 今回はプラスチック障子を使用することにより破れにくく冷暖房費用を抑える断熱性の高い内窓としての効果を狙います。

続きを読む